無防備な性行為にアイピル「緊急避妊薬」

望まない妊娠に緊急避妊薬アイピル

彼氏との性行為の後、コンドームが破れていることに気が付きました・・・。
まだまだ金銭的なことがあるために、妊娠や出産、そして子供を育てるなど全く考えていません。

 

そのために、なんとかして妊娠しないようにする方法はないのか?

 

 緊急避妊薬のアイピル

 

望まない妊娠を避けるには緊急避妊薬「アイピル」を服用します。

 

これは、コンドームなしの性行為を断りきれなかった場合などに女性が使用する事故避妊薬のことで「緊急避妊薬、アフターピル」などと呼ばれ、代表的な薬品名がアイピルになります。

 

コンドームが破れているのに気づいた場合などでも、24時間以内に1錠を服用することで約99%の確率で避妊効果があります。

 

それから、72時間以内だと約75〜80%の有効性が期待できます。

 

※あくまでもアイピルの効果は100%ではないために、コンドームのつけ忘れや、破れには注意が必要。

 

通販でアイピルを購入

アフターピルは国内でも販売しています。
2011年5月より、日本国内の産婦人科で処方されるようになりました。

 

しかし、価格が非常に高いです・・・。

 

産婦人科や避妊薬で微妙に価格は異なりますが、1回分で10,000円〜15,000円。
非常に高額です。

 

これは健康保険の適用外だからです。

 

 

そこで、価格のことを考えて、アイピルを通販を利用します。

 

アイピルは、海外で販売をしているために、個人輸入代行サイトを利用し、通販で入手します。

 

ただし、通販で購入する場合、どうしてもアイピルは海外で販売しているために価格は一定ではありません。
これは円安円高の影響、販売店により価格は異なります。

 

基本的に、1箱1錠で1200円〜2000円で販売でしています。
通販で購入する場合は、できるだけ安くて安心できる販売店を選びたい所。
アイピルを通販で購入「望まない妊娠を防ぐ緊急避妊薬」

 

それからもう一つ、海外で販売している商品を購入するため、送料の代金が高い(1,000円以上)お店も有ります。
そのために、薬の価格だけでなく、販売店を選ぶときは「送料・手数料」が無料のお店を選びたいところですね。

 

緊急避妊薬アイピルの購入について >>

 

 

アイピルって?

アイピルは性交渉の後になって服用するタイプの避妊薬。
そのため、「緊急避妊薬、アフターピル」とも呼ばれます。

 

同じように女性ホルモンを調整するピル(低容量ピル)も、望まない妊娠を予防する効果があります。
ただし、低用量ピルの場合は、毎日のように服用しなければいけません。それ以外にも、副作用として、体重の増減や吐き気やむかつき、むくみ、乳房の痛みが起こることもあります。

 

そのため、緊急避妊の薬専用のアフターピルを服用し、一錠で効果を発揮してくれます。

 

ただし、このアイピルの避妊率は100%ではありません。
使用方法にいくつかの成約があり、この製薬を守らないと、避妊率が大きく低下するために、アイピルを使う場合は、しっかりと使用方法を守り、服用することが重要になります。

 

性交後、早期に飲むほど効果が高いアイピル

アイピルを使用する上での大きや製薬は、その服用時間です。

 

アイピルは通常1箱1錠でワンセットで販売されています。
一番重要なのが、アイピルは早ければ早いほど避妊効果が高くなります。逆に服用時間が遅ければ遅いほど、その分効果は薄くなります。

 

そのために、性行為の後、約24時間以内だと約95〜99%の確率で避妊効果が認められています。
しかし、24時間以上〜72時間以内(1〜3日)だと75〜80%と確率が下がります。

 

さらに、それ以降だとより効果は薄くなるために、なるべく早い段階で服用をすることが重要になります。

 

あくまでもアイピルは「緊急避妊薬、アフターピルと呼ばれ、望まない妊娠から女性を守る薬。
ピルと呼ばれる通常の経口避妊薬やコンドームに比べるとその避妊率は大きく下がります。あくまでも、アイピルは通常の避妊に失敗した場合の緊急手段であることを理解してから服用することが重要になると思います。

 

 

緊急避妊薬アイピルの購入について >>