女性が主導権を握ること

コンドームを使うことで心がけなくてはいけないこと

コンドームを使えば確実に妊娠を防ぐことに繋がるわけではありません。約80〜90%という数値が出ているために、使い分けを考えておくことが重要になると思います。

 

コンドームの場合は、避妊だけでなく正官庄を防ぐことができ、後は手軽でお金がそこまでかからないというメリットが有ります。スーパーやコンビニエンスストア、ドラックストアーの前の自販機で購入できるのも嬉しいところです。

 

最近では通販で安く、しかも薄っぺらいゴム状のコンドームを購入できるのも嬉しいところで、なおかつ正官庄を防ぐことが出来る。

 

ただし、メリットだけではありません。コンドームを使うことでデメリットの要素もあります。それが、生還が損なわれることですね。女性によって、ゴムなどにアレルギー反応を示す人がいて、ムードに流されてしまって付け忘れたり、性行為の途中から付けることになり泣けない、つまりコンドームの装着を忘れてしまい、気づいたら中で出してしまったということも有ります。

 

コンドームを使う理由としては、避妊のためであり、使うのを忘れてしまうと、予期せぬ妊娠になってしまうことも十分にあります。そのために、性行為をしている時でも、女性が主導権を取ることが重要になります。

 

快感を求めることも大切ですが、計画的な性行為を行うことを重点的に行うたいものです。