妊娠を防ぐために服用したアイピルから副作用

副作用に吐き気、嘔吐

計画していないことで妊娠が起こってしまう。そこで、アイピルを服用することで、この悩みを改善してくれる。

 

しかし、効果があるぶん、他の部分にも作用するおそれがあるために、結果的には副作用が起こるために、理解した上で、アイピルを服用することになります。

 

アイピルは、主要成分にレボルゲストレルが含まれているために、黄体ホルモンに作用し、”いきなり”生理が訪れるために、これが効果となり妊娠を防いでくれます。ただし、他の作用として最も多い副作用が気分の変調で、女性の約20〜30%が気分が悪くなり、吐き気を感じたというデータが出ています。

 

それから、悪心、嘔吐を感じた人に約5%、実際に報告されています。

 

服用時間によっては、まれに乳首の痛みや、頭痛、めまい疲労感といった副作用を訴える人もいます。しかし、これらは作用時に起こるため、遅くとも数日のうちに回復する。

 

ただし、生理周期の変化や不正出血や生理が7日以上送れるような場合は、医師に相談をすること。