女性ホルモンの低下で性欲がなくなる

濡れ内には、体と心、両方の原因?

20代前半なら性欲は女性にもあると思います。しかし、年齢の影響で、徐々に性欲に対して薄れやすくなる。すると、濡れなくていたい場合があります。

 

この原因にもいろいろあり、正官庄や子宮、卵巣などの病気がないか、ホルモン異常がないかを婦人科で受信をすることがまず第一になります。体の病気ではないなら、精神的な原因が隠れているかもしれません。

 

異性の挿入以前に、アイブにも何も感じない場合、体がリラックス出来ない心理的な要因に対処する必要があります。

 

ちなみに、閉経後は女性ホルモンの分泌は急激に低下し、分泌液も減るため、痛くなることが有ります。この場合、低用量ピルやホルモン補助療法で改善することが有ります。

 

それから潤いを補助するためにゼリーも有ります。
濡れ方が不十分だと、挿入時に痛みが起こりやすく、性行為が苦痛になってしまいます。そのため専用のゼリーを幹部に塗ります。

 

すると、潤いを補うことができます。基本的な使い方は、的に適量wとって女性器に添付する。ドラックストアなどで販売していますが、いかんせん恥ずかしいということで、パソコンやスマフォを利用しインターネットで購入することもできます。