妊娠を回避してくれるアイピル

妊娠を回避してくれるアイピル

緊急避妊薬であるアイピルを服用することで、妊娠を防ぐことができるのでしょうか?

 

まず、妊娠とは、卵子と精子が出会うことで起こるわけではなく、出会って受精卵ができ、その受精卵が子宮内膜に潜り込むことで妊娠となります。基本的に、コンドーム無しでセックスしても、100%の確率で妊娠するわけではありません。

 

月経周期に一度、卵胞ホルモンのたたら気により、卵巣内で発育し、乱視が排出するタイミングと、精子が交わることで、妊娠の確率が高まります。

 

乱視が卵管内で、精子と混じり合い、そして、細胞分泌を繰り返しながら、子宮へと移動し、発育し、妊娠が成立します。

 

アイピルの効果について

一昔前までは、緊急避妊薬として中用量ピルを利用した「ヤツベ法」が使われていました。しかし、効果よりも副作用が強いために、新しく開発されたのがアイピルなどの専用の緊急避妊薬です。

 

アイピルの効果としては、収容成分であるレボノルゲストレルによって子宮内膜の増殖を抑えてくれます。例えば、受精したとしても、着手して難しい状況を作り出すことができる。

 

それから、同時に子宮の入り口にある管粘内を濃厚で、なおかつ粘性の高い状態に変化させます。すると、静止画子宮内に入っていけないような状態を作り出す。このようにして、アイピルはアフターピルと呼ばれる避妊効果を実現してくれます。