ただっしい使い方を行うこと

間違わなければ妊娠することは少ない

アタリマエのことなんですが、実は当たり前で簡単すぎて、注意を怠りコンドームを装着する人もいるかもしれません。何よりも使う場合には正しい使い方を行うことが重要になると思います。

 

コンドームはパートナーの射精が漏れないように、コントロールすることであり、敗れたりしたら意味がありません。コンドームは勃起したペニスが女性の中に入る前につけること。ただし、勃起する前につけては意味がなく、出来ることなら、性行為の途中でペニスを抜いてからつけても遅い場合、射精前からすでに少しずつ分泌されている透明な液が女性の体内に入る恐れもあります。

 

避妊効果がなくなってしまうために、最初の段階で利用することです。

 

確かに、途中で中断をしてから、コンドームを装着することはムードがなくなってしまうかもしれませんが、後々妊娠いなると、予想外なことになり、トラブルの要素になります。

 

コンドームの付け方は先端の精液を貯めこむスペースが有り、指で軽く抑えて空気を抜き、ペニスに先端においてから陰毛や空気が入らないように挿入をします。

 

たるみができないように注意しながら、根本まで巻きおろしていきます。

 

コンドームをはめ込んでから射精をした場合、そのまま女性の体内にはめ込んでいる状態だと、精子が出てしまうおそれがあるために、すみやかに抜かないといけません。それから以外な注意点としては、コンドームを二重にすること。摩擦で破れやすくなりますので、基本的なことを行うことが一番の予防策になります。

 

 

避妊効果が80〜90%と言われていますので、正しいし使い方を行うようにしましょう。