何度も繰り返し起こることがある流産

流産とは

望まない妊娠とは違う「流産」について。
避妊薬を服用するのは、妊娠を防ぐために服用します。それとは違い、流産は、出産を求めるのに、残念ながら途中で流産してしまうこと。医療が大幅に進んだ現在でも10分の1の確率の割合で流産する人がいるそうです。

 

これはもう、受精卵自体の生命力の問題、母体に無理がないように、本人がいくら気をつけていても防ぐことはできない。10人ぐらい子供を生んでいた昔の人は、おそらく何回か流産していたはず。

 

3人以上生んでいる人の中には、流産を経験した人も少なからずいるのではないか。

 

初めての妊娠で流産すると本当にショックだと思います。しかし、流産をしたからもう産めないわけではない。次は健康な赤ちゃんを生んでいるというケースのほうがかなり多いというデータも有ります。

 

2回続けて流産すると3回めも流産する確率は50%という割れますが、逆に50%は生まれるということ。しかしももし流産した場合、習慣性流産と診断され、実際はかなり少数派ですが、います。

 

なお、流産率もやはり、年齢が上がるのについれて、上がっていきます。子供を産みたいと考えているのなら、20代から遅くとも30代前半に流産、出産するのがベストになると思いますね。